外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産2億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,333万円、純資産5,646万円【金融資産2,340万円(日本円 472、株式/ETF/投信 1,213、暗号通貨 153、外貨/債券/保険退職金 476)+ 実物資産3,306万円(不動産 1,149、太陽光 1,782、金/プラチナ/銀 174、耐久財等 200)】、自己資本比率36.8%、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 14現在の記事:
  • 71335総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 14現在の記事:
  • 71335総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

現金の持つ力

Pocket

現金を持つとインフレに負けるよ( ゚Д゚)

と世間では言いはやされますが、現金の持つ力を過小評価してはいけません。

現金は以下の特性があります。

・どんな金融商品にもすぐに変えられる。

・デフレに強い。

・銀行評価において絶大な信頼。

・持っていると安心。

証券口座さえ持っていればすぐに株と現金を交換できますし、売り出し中の不動産も現金を持っていけば手続きを踏んですぐに購入できます。ローン審査等も不要です。

そして銀行評価も当然ながら強いです。株や暗号通貨を1億円持っているよりも現金を1億円持っている方が圧倒的に評価が高いです(暗号通貨はほぼノーカウントになります。)

生活費の一年分以上持っていると生活において絶大な安心感があります。

投資ポートフォリオに現金を必ず組み込みましょう

上記の様に現金を持っているメリットは多大です。

大体ポートフォリオの1~2割くらいあると変化の激しい市場においても適切にリバランス等を行うことが出来ます。

現在の様な下落相場においては現金が王様です。

不動産購入の適切な頭金(物件価格の3割)さえあれば下落時の不動産市場で大きな利益を出すことも出来ます。

そういう意味では常時2000万円を保有するというのが私としての目標となって来ます。

本日現時点の私の純資産ポートフォリオは以下の様になります。

純資産5039万円に対して日本円現金が634万円ですね。現金比率12%です。

感覚的にはもう少し増やしておきたいところですね。そうすると暴落時コツコツ買い増しマンが出動できますので( ゚Д゚)。

流石にもう少し丁寧に描くか・・・

それでは本日もご一読ありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。