外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産2億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,333万円、純資産5,646万円【金融資産2,340万円(日本円 472、株式/ETF/投信 1,213、暗号通貨 153、外貨/債券/保険退職金 476)+ 実物資産3,306万円(不動産 1,149、太陽光 1,782、金/プラチナ/銀 174、耐久財等 200)】、自己資本比率36.8%、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 8現在の記事:
  • 71335総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 8現在の記事:
  • 71335総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:
資産運用:株式・投資信託インデックスETF・株主優待

株価の停滞感とレバナス積み立て買い開始( ゚Д゚)/

Pocket

株式市場の冷え込みを感じます。下がってくると買い増したくてそわそわしてきます。

NASDAQもダウも日経平均ももう10~20%くらい下がりそうな気配があるのでそろそろ積み立てを始める好機かなと感じています。

NYダウはここ1年にちょっと上がり過ぎ感がありましたがそろそろ落ち着きそう。
SBI証券公式HPよりチャート引用
https://site2.sbisec.co.jp/ETGate/?_ControlID=WPLETmgR001Control&_PageID=WPLETmgR001Mdtl20&_DataStoreID=DSWPLETmgR001Control&_ActionID=DefaultAID&burl=iris_indexDetail&cat1=market&cat2=index&dir=tl1-idxdtl%7Ctl2-.DJI%7Ctl5-jpn&file=index.html&getFlg=on

企業が社会を創る資本主義にまだまだ陰りが見られない以上、株は30年は長期的に上がり続けると見込んでいます。

感覚的にはどこかで限界を迎えそうな気もするのでフルベットはしないのですが、資産形成の最有力候補であることに変わりはありません。

ということでこういった停滞期やじわじわ下げている時、こういった時に少しずつお小遣い程度の金額を買い増していきます。

そして好景気が来たら一気に花開き資産額が急上昇します。

大体7年周期くらいでこれを繰り返しているので、これから数年間コツコツインデックス等に積み立てを行えばまた近い将来に良いことあります。

ということで私も本当にちょこちょこ(数千円~数万円)安いなと感じる株や下がっている暗号通貨等を買い増しています。

そして遂にNASDAQ100レバレッジ、通称「レバナス」の積み立て買いを始めました。

毎月1万円積み立ててみた。このまま10年くらいほったらかしてみましょう(笑)

この下がり方おらわくわくすっぞ(こういうこと言うと大抵損します)
楽天証券HPよりチャート引用
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/detail/?ID=JP90C000MLM1

3000万円の資産があると人生は一転します。資産形成をコツコツ進めましょう。

やはり何より最も頼りになるのは金融資産です。これに勝るものはありません。

ほとんど全てのことはお金で解決できます。そしてお金で解決できないことこそは人生の楽しみややりがいに繋がる真のライフワークと言えるものですので、お金で解決できる問題はサクッとお金で対処し本当に時間を投じるべきことに集中しましょう。

資産が3000万円出来ると世界が本当に変わります。

仕事が無くなるかも⇒じゃあ株と不動産に働いてもらおうか

老後資金が不安⇒じゃあ株と不動産に働いてもらおうか

教育費が掛かるかも⇒じゃあ株と不動産に働いてもらおうか

etc,etc

流石にフルリタイアすることは難しいですが、何かあっても何とかなる金額と言うのがこの3000万円だと思います。

足りない分を働けば、というやるべきことの上限が見えてきます。むやみやたらに働くラットレーサーとして消耗することはありません。

ということで株価下落の時こそコツコツ買い増し。そしてレバナスの行方をこれからお伝えしていきますのでどうぞお楽しみください。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。