外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産2億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,333万円、純資産5,646万円【金融資産2,340万円(日本円 472、株式/ETF/投信 1,213、暗号通貨 153、外貨/債券/保険退職金 476)+ 実物資産3,306万円(不動産 1,149、太陽光 1,782、金/プラチナ/銀 174、耐久財等 200)】、自己資本比率36.8%、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 7現在の記事:
  • 71331総閲覧数:
  • 21今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 7現在の記事:
  • 71331総閲覧数:
  • 21今日の閲覧数:
資産運用:株式・投資信託インデックスETF・株主優待

日本の有名企業の株価上昇

Pocket

最近日本株で価格上昇が著しい銘柄が幾つかあります。

私の保有銘柄で言いますと、

■NTT

Google Financeよりチャート引用
https://www.google.com/finance/quote/9432:TYO?sa=X&ved=2ahUKEwixv9XAxd32AhWCyYsBHX9pAR0Q3ecFegQIBhAi&window=5Y

■三菱商事

Google Financeよりチャート引用
https://www.google.com/finance/quote/8058:TYO?window=5Y

これは今まで割安放置されていた日本株に海外個人投資家からの投資マネーが入ってきていると考えています。

海外株を買う時にはやはり有名企業、超一流企業の株を購入します。私もいざ中国株を買う時には知らない会社の株は買えません。

配当利率が高いと「まあ下がっても外貨が入るし良いか」と一定の安心材料となります。

株式投資のコアは世界に名だたる超一流企業株の永久保有。

世界の金余りの加速感

こういった循環的に様々な銘柄の価格が上がっていく状況は、まさに世界にお金が余っていることを示唆します。

こうして投資商品というのは実体価値以上に価格が上がるものです。

ロレックスの価格根拠を説明できないのと似ていますが、全ての投資商品は概してあの様な状況になりますね。

世界が良く知るものほど、より多くのお金が集まってきます。この循環物色がどこかでアジア新興国マーケットに流れ込むことを想定しています。

生きていくために必要なお金を手元に残したら、後はしっかりとお金を投資していきましょう。暴落が来てもとにかく投資。

この20年でどれだけ資本力を高め、それを社会貢献にどれだけ活用出来るかが大切です。

豊かな人生はその先にありますね。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。