外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産2億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,333万円、純資産5,646万円【金融資産2,340万円(日本円 472、株式/ETF/投信 1,213、暗号通貨 153、外貨/債券/保険退職金 476)+ 実物資産3,306万円(不動産 1,149、太陽光 1,782、金/プラチナ/銀 174、耐久財等 200)】、自己資本比率36.8%、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 19現在の記事:
  • 71335総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 19現在の記事:
  • 71335総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

やっぱりもう資産は減らない( ゚Д゚)

Pocket

この育児休暇期間中は給料が入らないので、資産額の変動は素直に資本運用に左右されます。

あまり減らないだろうな( ゚Д゚)と思っていたのですが、やっぱりもう減りませんね。

先日のウクライナ問題で一時株価が急落しましたが、そこで買い増したおかげもありむしろ資産が年末時点より増えました。

純資産5000万円が分水嶺

運用純資産5000万円が働かなくても資産が減らない分岐点であることをほぼ確信しました。

バランス良く世界に資産を分散ししっかり労力を掛けて運用すれば利率は7.5%ほどとなるはずです。

つまり5000×0.075=375万円となり、年間生活費をこの金額以下に抑えれば資産を減らすことなく資産からの収入で生活することが可能です。

運用純資産500万円であれば一か月ちょっと分働いてくれる小人が一人、2500万円であれば5人、5000万円であればもう一人働き手が増える様な感覚ですね。

月間生活費30万円くらいで純資産5000万円、半分であれば2500万円、倍であれば1億円。

これからこの基準で生活費の設計をしていこうと思います。

純資産1億円までは働き続けたい

とまあ現在は順調に進んでいますがこの先必ずまた大暴落を経験することになるでしょう。

リスクとして南海トラフや首都圏直下型地震等、起こることを想定に入れて行動する必要があるものもあります。まだまだ気は抜けません。

ということで純資産1億円までは一先ず働き続けたいと思います。

但し働く内容はサラリーマンとしてではなく、個人事業やオーナービジネスの立ち上げ、資産運用の更なる効率化を目指していきます。

もちろんサラリーマン業はこれはこれで暫くは続けます。色々と勉強になることも多いですしね。他人資本(融資)の活用のためには信用力も必要ですし、人に使われる辛さを味わえるのもきっと今だけです。

ということで資本家への道をひたすら歩み続ける日々であります。

それでは皆様いってらっしゃいませ!私もそろそろサラリーマンに復帰したいと思います。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。