外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,357万円、純資産5,797万円($416,102)【金融資産2,470万円(日本円 432、株式/ETF/投信 1,307、暗号通貨 102、外貨 39、債券 /REIT/インフラファンド 94、保険/退職金 493)+ 実物資産3,326万円(不動産 1,161、太陽光 1,775、金/プラチナ/銀 183、耐久財等 206)】、自己資本比率37.7%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 14現在の記事:
  • 81681総閲覧数:
  • 14今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 14現在の記事:
  • 81681総閲覧数:
  • 14今日の閲覧数:
起業・事業化・法人運営

株式投資家という個人事業

Pocket

最近思うのですが

「もう投資が仕事で良くね?」

という(笑)

毎日気になる銘柄の株や暗号通貨価格、金価格などの金融商品の価格をチェックし、安いと思えば買い高いと思えば売り。

半ば趣味で興味ある会社の株価や株主優待を見ています。

配当収入と売却益を合わせて年間100~200万円ほどの利益を目標にせっせと売買しています。

不動産や太陽光投資もしていますが、こちらはどちらかというと事業として理想を掲げて汗水たらして運用します。こちらも200~300万円ほどのキャッシュフローを目標にしています。

こうして生活費を上回る資本収入を得ているわけです。

あらゆる投資商品の中で株式投資は群を抜いて楽に稼げます。

どうしても景気やマーケットに左右されますので安定して稼げはしないのですが、上手く配当株投資と組み合わせれば最低限の収入は一定量確保することが出来ます。

暴落したらしたで優良株であれば荒波を乗り越えて株価が戻ってきますし、お買い得価格で株を買うチャンスでもありますし。暴落は資産規模を拡大するチャンスなのでむしろ毎日心待ちにしています。

銘柄云々よりも安い時を捕まえて買うことが重要だと思っています。

元手は必要です。やはり1000万円は最低欲しい。

その金額があれば不動産投資も可能ですが、こちらはかなりの手間が掛かります。机に座ってクリックしているだけでは運用できません。

パソコン開けばすぐそこに株式投資の世界が広がります。便利な世の中になったものです。

色々事業を興してみようかなと考える中で、でも株式投資の方が確実にリターン狙えるじゃん、となっている気がします。

飲食業などの対面販売は憧れますし人を雇って一緒に仕事をするのも面白いと思います。それは資産的に余裕が出てからでも良いのかなと感じますね。

株を買えばそこに勤める優秀な社員がしっかり自分のために稼いでくれる。

ワンクリックで企業オーナーの一人になれるというとんでもない世界観です。

まあこれだけで生活するのも彩に欠けるので、仕事は仕事で別にしながらバランス良く生きていきたいものですね。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。