外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産10億円、純資産4億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,194万円、純資産5,934万円($457,052、自己資本比率39.0%)【金融資産2,712万円(日本円 388、株式/ETF/投信 1,322、外貨FX/CFD 9、債券 /REIT/インフラファンド 97、暗号通貨 157、金/プラチナ/銀 217、保険/退職金 520)+ 実物資産3,222万円(不動産 1,144、太陽光 1,823、耐久財等 254)】、労働CF 709万円/年、資本運用CF 360万円/年(不動産 14、太陽光 135、金融資産運用 211)、事業CF 14万円/年。

カテゴリー

Count per Day

  • 14現在の記事:
  • 95184総閲覧数:
  • 45今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 14現在の記事:
  • 95184総閲覧数:
  • 45今日の閲覧数:
ベランダガーデニング・アクアポニックス・農業養殖業

アクアポニックスシステムを室内に設置しました

Pocket

アクアポニックス。非常に注目しています。

アクアポニックスとは魚を育てながら魚の排泄物をシステム内で循環し植物に栄養として与え、魚と野菜を育て収穫するシステムです。

水と太陽の光があれば後は専用設備を設置するだけです。

システムも単純なので、いつか家の庭先で食料の自給生産をする未来が来ると思っています。

エネルギーや食糧の自給生産は日本最大の課題の一つですが、太陽光発電やこのアクアポニックスで最低限をオフグリッドに家庭単位で生産出来ればこの課題を解決する手段になり得ます。

私も将来的には手中にある太陽光発電所運営ノウハウと組み合わせ、アクアポニックスによる野菜と魚の養殖自動化システムを家に構築するつもりです。

個人や近所で使える程度の規模で先ずは始めるつもりですが、将来的には生産物を流通に乗せて利益を出していきたいですね。

ということで手始めに先ずは家で始められるアクアポニックスシステムを購入して数年運用していきたいと思います。

こんな感じで部屋の隅に設置しました。
ベランダに置いていたビオトープ内の生物層を移植しました。まだまだ水が濁っていますが、これがどう変化していくのかを見ていきたいと思います。

太陽光事業とこの家でのプランタ栽培やアクアポニックスシステムの運用により経験値を貯めつつ、将来の事業用地を探していきたいと思います。

敷地内に綺麗な湧き水のある広い田舎の土地が良いですね。普段の暮らしのための家はそれとは別に都会に置き、こういった事業については別に車で一時間程度で行ける用地を探していきます。

資本からの収入と合わせれば怖いものなしです。

いつか家で育てた美味しいすっぽんや鯉マスを食べて生活する日が来ることを楽しみにしています(笑)

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族。