外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,357万円、純資産5,797万円($416,102)【金融資産2,470万円(日本円 432、株式/ETF/投信 1,307、暗号通貨 102、外貨 39、債券 /REIT/インフラファンド 94、保険/退職金 493)+ 実物資産3,326万円(不動産 1,161、太陽光 1,775、金/プラチナ/銀 183、耐久財等 206)】、自己資本比率37.7%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 19現在の記事:
  • 81682総閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 19現在の記事:
  • 81682総閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
アニメ・ゲーム・メタバース

資本運用トリニティシステム「アイオーン」の開発構想

Pocket

資本を運用するという行為において、私はその曖昧で無機質になりがちな投資活動を確かな価値を生み出す目に見える創作物として捉えようと考えました。

資本を運用することで社会に価値を提供しその対価を得て資本を増強する。

この循環する行為を3つのメインプロセッサで構成されるデバイス「アイオーン」として組み上げて資本を運用する構想を固めました。

これは言うまでも無く私が大好きなゼノブレイド2というゲームから着想を得ており、元々私が築いてきた異なる特性を持つアセットクラスである不動産・太陽光・株式暗号資産を主とした金融資産の運用手法をこの3つのデバイスにあてがい、資本運用トリニティシステム名称「アイオーン」としてコンセプトをまとめ上げています。

もうこういうの大好き(笑)

アイオーンは1、2、3の三段階の進化段階が構想に入っており、

アイオーン1:現在の生活費を賄う収益力。(年間360万円のキャッシュフロー)

アイオーン2:現在の労働資本同等の収益力(年収1000万円、手取り720万円相当)

アイオーン3:優雅な暮らしを賄う収益力(年収3000万円、手取り1800万円相当)

この3段階の性能をターゲットに開発を進めています。

アイオーン1は既に完成しており、現在はアイオーン2の開発に向けて開発費、というよりも私自身の個人資産(サラリー)の投下を続けつつ、操縦手である私自身の技術の向上を進めています。

開発における最大の課題は「私自身がいつまでサラリーマン頑張れるか( ゚Д゚)」

ということで楽しんでこの資本運用システムの開発を続けていきたいと思います。

何事も楽しむことが最も大切です。特に好きなものから得られる発想や着想というのは活動飛躍の可能性を秘めています。

皆様も是非童心を忘れずご自身の好き・楽しいを大切にしてくださいませ。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。