外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,322万円、純資産5,792万円($400,815)【金融資産2,457万円(日本円 398、株式/ETF/投信 1,326、暗号通貨 99、外貨 39、債券 /REIT/インフラファンド 96、保険/退職金 497)+ 実物資産3,338万円(不動産 1,164、太陽光 1,773、金/プラチナ/銀 190、耐久財等 209)】、自己資本比率37.8%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 19現在の記事:
  • 82016総閲覧数:
  • 26今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 19現在の記事:
  • 82016総閲覧数:
  • 26今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

長期投資の神髄

Pocket

私は日々資産運用の実践と研究を行っており、世の中に数多ある投資の中で私にとって本質的に価値ある投資と言うのを探求しています。

投資の神髄は、まさに投資の神様ウォーレンバフェットの言っていることがそのまま正解であることを理解しています。

投資と言う社会貢献事業を行うことで、その社会貢献度に見合った報酬が得られる。これが現在の私の解です。

そして出口利益の大きさは買値に依存します。

この価値ある事業への投資と買値の工夫により投資リターンを最大化することが出来ます。

これは翻ってあらゆる事業の根底にある真理に繋がります。

不動産事業や太陽光発電で現金が入ってくるのはその活動に社会貢献としての価値があるからです。株価上昇や配当金も同様に、存在価値の高い企業への投資が巡り巡って自分自身に現金として入ってきます。

そしてその価値ある事業を十分に廉価に購入することで資産含み益と事業キャッシュフローを築いてきました。

これが理解できると如何に短期での売買に意味が無く、リターンが得られるはずもないことがよく分かります。儲かる場合それは博打の結果でしかありません。

事業の価値を見極めるのも、廉価に購入するのもそれぞれスキルや人格性を必要とします。ただこの方向性さえ間違えなければ必ず将来豊かな資産家となることが出来ます。

私自身の手でこの仮説を証明すべく、今後も事業経営と投資を続けていきたいと思います。

その事業が世界の幸せに貢献するものかどうか?

まだ気づいていない価値ある事業は世の中に沢山あるはずです。価値も時代と共に移り変わる以上、その時代の変化を楽しみつつそれに合わせた価値を追求し代々続き得る真の資本家を目指していきたいと思います。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。